実践・考察

「こどもたちが、自ら見つけ、考え、遊ぶ、余白のある環境」 をテーマに、
こどもたちを取り巻くヒト・モノ・コトの環境について研究、考察します。

同じメニューでも、味次第で好きにも嫌いにもなる。

新年度も少しずつ動いてきましたね。

 

先週からは、短大の授業がスタートしました。
学生たちと関わらせてもらうと、

学校における学びとは、先生の役割とは「何か?」ということを改めて考えさせてもらいます。

そのうちの一つを、いきなりですが料理の話から。

 

カレー
麻婆豆腐
お味噌汁

 

どれも僕が大好きなメニューなのですが、中には美味しくないものもあります。
それは好みに合わない味付けや、どうしたって料理を失敗したものです。
それでは美味しく食べられません。

 

そして、たとえば仮に、僕が生まれてからこれまで、ずーっと美味しくない「カレー」しか食べたことがなかったとしたら、

僕は「カレー」という料理を「まずい」と誤解してしまうでしょう。

 

これに似たことが学校では、先生が気をつけていかないとおきるなぁと思っています。

 

国語、数学、理科、社会、、、(僕の場合は、図工)
もっと大きい枠で言えば学習。

 

これらをメニューと考えた時に、子どもたちは
先生が美味しそうに調理したものに出会うのか。
それとも手抜き料理をしたものに出会うのか。

 

それによって、子どもたちの学びに対するイメージは大きく変わると思います。

 

「学ぶ」って面白い。もっとやりたい。

 

「学ぶ」ってめんどくさい。やらなきゃいけない。

 

料理しだいで、どちらにもなれる可能性を持っています。

 

だからこそ、それぞれの好みは別としても、
僕としては、自分にできるせいいっぱいで、
美味しそうに出会いを作っていけたらと思います。

 

その人にとって本当は美味しい学びを、こちらの力不足で、

「まずい」「つまらない」「めんどくさい」と誤解させないようにと思います。

実践・考察の一覧

〒 343-0806 埼玉県越谷市宮本町3-125-5
TEL:048-951-0339  MAIL:info@kodomokankyo.jp