実践・考察

「こどもたちが、自ら見つけ、考え、遊ぶ、余白のある環境」 をテーマに、
こどもたちを取り巻くヒト・モノ・コトの環境について研究、考察します。

個人情報ってなんだ?

先日イベントで、モンスターづくりのワークショップをしていたときの小学生とのやりとりから。

 

その小学生たちは四人組だった。

 

僕からの説明を終えて、いざ作ろうとなったらば、
友達同士お互いの出方をうかがっているような雰囲気があったので、
少しほぐれればと雑談もまじえながらはじめてもらった。

 

「いつもはどんな遊びが好きなの?」

「サッカー!」
「SWITCH!!(任天堂)」

「給食は何が好き?」

「カレー!!!(全員一致)」

 

おしゃべりをしながら和やかになり、子どもたちの手も動きはじめた。
が、そのとき、いきなり僕に衝撃がやってきた。

 

(僕に、というのは子どもたちにとっては何でもないことのように会話も工作も進んでいったからだ)

 

一人の男の子が、隣の友達に話しけた。

 

「ねぇ、佐藤くんはさ、、」

すると佐藤くんが言い放った。

「おい!本名言うなよ!個人情報!!」

「あ、ごめん。」

 

あやまる友達。
そして、そのまま普通に次の会話がはじまった。

 

ん?
な、なんだ?
このやりとりは?

 

僕は自分の感覚がついていかず、思わず会話を止めて、聞いてしまった。

「個人情報ってどういうこと?」

「いや、お兄さん、知らない人だから。」

ああ、なるほど。

まぁ確かにそうではある。

「だって、学校で言われてるから。知らない人に教えるなって。」

 

なるほど。

そうか。そうねぇ。

「そしたら、この工作やらない方がいいんじゃない?」

とも言いたくなったが、
代わりに、

 

「まぁまぁ。そんなにあやしいやつではないから、安心してよ。
知らない人でも、いろいろいるよ。
変な人もいるから気をつけなきゃいけないけど、全員そうってわけじゃないよ。
いい人もいるし。考えるのが大事ってことだよ。」

 

こう返した。

 

ふーん。

 

これについてのやりとりはこれで終わり。
四人は思い思いのモンスターを作って、帰っていった。

 

**********

 

そのあと考えていた。

 

なぜそんなにも過剰に、小4の子どもが個人情報を意識しないといけないのだろうか。

 

まぁ彼の性格が素直すぎるのもあるかもしれないが。

でも、子どもが個人情報をどうこう言うのは、異常な光景だと思うのは

僕が今の社会感覚からずれているのだろうか。

 

自分の子どもの頃にもたしかにあった。

知らない人にはついていかないように。

とかは。

 

でも、街の中で友達の名前を呼ぶことが個人情報の危険と結びつくまではなかった。

 

個人情報を守りましょう。

 

これを彼に直接的、あるいは間接的に伝えたのは、
親なのか、
先生なのか、
テレビやネットといったメディアなのか

 

それはわからない。
でも、どんな思いと意図でそれを伝えたのか。

 

仮に、それが本人たちの言うように学校の先生の指導によるならば、
先生はどんな意図で、どうこのことを考え、咀嚼し、子どもたちに伝えたのだろうか。

 

僕自身も、少し考えてみた。
子どもの本名という個人情報の危険性。

 

まずは、もうびっくりするくらい大富豪の子どもとか、
社会的な地位を持っている親の子どもとか、
名前が知られるだけで危険という人も、中にはいるのかもしれない。

 

それはあるだろう。

 

じゃあ、それ以外の子はどうだろうか。

 

確かにSNSの時代だから、名前を聞いて、インターネットに検索すれば、親のことを

判別することくらいまではできる時代なのだろう。

 

じゃあ、わかったあとどうするのか?

住所を特定していやがらせでもする?
ネットから銀行口座やクレジットカードなど情報を引き出す?

 

できるかどうか、わからないけど、
仮にできるとしたら、

それ、やる?

そしてそれはどれくらいの確率?

こんな風に考えていくと、

「個人情報は大事だから!守るように!」

と小4に教える必要があるのだろうか。

 

僕はそれが起きる確率より、もっと高確率で怖いことがあると思う。

 

それは、

この子みたいな理解をしたこども達が、街の中で、知らない人がいたら

お互いの名前を呼ばないような風景だ。

 

なんだか星新一さんのSF世界みたいだが。

内心そんなの嘘だろうと、思う。
そんなことはありえないだろうと。

 

でも、その日の昼食、イベント会場を出て、
その内心も揺さぶられる光景に出会う。

 

それは、スマホで、街の景色と連動しているゲームをやっている子どもと大人たちの姿だった。

20人はいただろう。

みな空中に向かってスマホをかかげ、指を動かしている。

もう嘘みたいなことは起きているのだ。

話が広がりすぎた。

子どもの個人情報。

たしかに今の時代、大切なのことなのかもしれない。
そして現場の先生達は、それを指導してくださいと言われているかもしれない。

 

でも、もし、言われたことを、そのまま自分の解釈無しに伝えている人がいるとしたら、

(もちろん、そうじゃない人もたくさんいる。)一度考えて見て欲しいと思う。

 

それを伝えた後、子ども達はどうなって行くのかを。
先生が何気なく伝えたことを素直に実行する子どもたちがいる街の景色はどんなものかを。
教育者の責任とは、自分が関わっている間、子どもが安全でいることではないと思う。

 

その子どもたちが、どんな価値観を持って、社会をつくっていくか、その土台に

関わることの自覚だと思う。

 

そういう視点で考えると、
きれい事かもしれないが、やっぱり理想としては、街の大人が、知らない人でも、

ほんのすこしずつ譲りあったり(なんでもかんでもコミュニケーションするとか、おせっかいとか、

そういうことではない)きづかいあったり、そういうムードで暮らしやすい社会に向かっていくことを、

自身も心がけていたりし、子どもたちにも願いたい。

 

そう思うと、子どもたちに

知らない人は、いい人もいるけど、危険なこともあるから気をつけなね。

とは言えても、

「個人情報を守りなさい!」「名前を教えないように!」

と安易には言えない気がする。

 

何を教えるのか。
何を教えないのか。
どう伝えるのか。
伝えた先のどこに理想があって、伝えるのか。

 

よく考えていきたいことだ。

 

これは先生を批判する話ではない。
そもそもの話。

 

子どもがそんな心配をしなきゃいけない。

 

そして、先生がそういう指導をしなきゃいけない。

なぜか。

 

それは、そういう社会があるからなのだろう。

それを作っているのは大人だ。

よく考えていきたいことだ。

実践・考察の一覧

〒 343-0806 埼玉県越谷市宮本町3-125-5
TEL:048-951-0339  MAIL:info@kodomokankyo.jp