コトリエ

埼玉県越谷市にてこどもの造形アトリエを運営しています。

イベントスケジュール

今年もよろしくお願いします。

開催日: 2018年01月18日

開催場所: コトリエ

気づけば、もう一月も後半ですね。
今年もよろしくお願いします。

 

コトリエも先週からスタートしました。
相変わらず、個々に好きなものを作り続ける子どもたちです。
自分の考えたアイデアを、自分の思いつく限りに方法で、形にしようとする。
その姿勢。
スタミナ。
たいしたものです。

 

年明け久しぶりの、それでいて変わらない子どもたちの様子を前にしてスタッフが改めて感心していました。

 

「よくこんなにも純粋に自分に向かうことを続けていられる。」

 

と。

 

この子たちは、
評価されたいとか、売って儲かりたいとか、
他者と共有する目的があるからやるんじゃなくて、
ただ描きたいから、作りたいから、やっている。
それがすごいねと。

 

ほんと、すごいことです。

 

最近もコトリエのお問い合わせをたくさんいただき感謝です。
メールやお電話で、この空間で子どもたちが何をやっているのか、
親御さんはとても気になるところだと思います。
詳しくはHPも見ていただければと思うのですがFBでも少しだけ紹介したいと思います。

 

まずコトリエには、テーマがありません。
子どもは、自分で考える力と感性を持っていると思うからです。

 

コトリエには、特別な技法はありません。
自分ひとりで、お家でもできる、という等身大の表現方法で向き合ってもらいたいからです。

 

コトリエには、展覧会や講評の時間がありません。
まずは他者の評価ではなく、自分の満足や自己評価を大切にしてもらいたいからです。

 

こんなコンセプトのコトリエです。
こうした時間が、子どもの将来の何の役に立つか、、
先のことは、私たちにはわかりませんし、言えません。

 

人によっては、場合によっては、どこかで役に立つこともあるのかもしれないし、
全く立たないかもしれません。

 

でもそれでいい。
そこがいい、というのが私たちの考えです。

 

むしろ、なんでもかんでも、「〜することは・・・を育てる」「〜することが・・を伸ばす」
というように、子どもの様々な体験を、結果と方法で切り取るムードにこそ、
子どもたちを無理させる落とし穴があると思っています。

 

こちらからは何もゴールを作らないし、求めない。
ただ、場所を作るだけ。

 

あとは、集まってきた子どもたちが、それぞれにこのコトリエを使いこなして濃密な時間を過すだろうと、
子どもたち自身の力を信じる。

 

それがコトリエのスタンスです。

 

そして、今のメンバーはそれを体現しています。

 

なぜ、そういう無目的の子どもの場所を作るのか。

 

等身大とか、自己満足・自己評価にこだわるのか。
理由は一つだけあります。
自分たちもそういう子ども時代を過ごしてきたということです。
そしてそういう時間をたっぷり過ごしてきて、大人になった今も、なかなか楽しく暮らしているからです。

 

思いついたアイデアをスタッフと共有し、仕事に変えていくのは本当に面白いことですし、
周りからこんなことは仕事にならないよと言われるようなアイデアだって、
丁寧に向き合い、試行錯誤し、磨いていくと、だいたいは仕事になります。
そういう時には、「自分のアイデアを信じてよかったな。」と思います。

 

また私自身は時々、絵を描く仕事もさせてもらうのですが、絵に関しては小学生時代に

ドラゴンボールを描きまくったこと以外、あとは独学です。
それでも、自分が良いと思った絵に、「これいくらで買えるの?」とか「描いて」と

いってくれる人がいるから、ありがたいことですし、自分のやり方としてはこれが合っていると思っています。

 

そういう子どもの時間と大人の時間が地続きにあることを実感するからこそ、
子どもたちにものんびりと自分のペースで、自分の興味や好奇心に存分に浸れる場所が街の中に色々あったら楽しいなと思っています。
その一つとしてのコトリエになればと思っています。

 

新年度に向けて、新クラスなど充実させていく準備を進めておりますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。
お気軽にお問い合わせくださいね。
今年もよろしくお願いします。

 

コトリエ Facebookページ

https://www.facebook.com/kotorie/videos/1569794796450916/?hc_ref=ARQ0E2csBkYrG61TVY0WpIOMwVbpLcgZgbA3lAVD1nMeCHIkOXcTgQzSJ8RZot3RtEc&pnref=story

コトリエのイベント一覧

「こどもたちが、自ら見つけ、考え、遊び、学ぶ余白のある環境」をテーマに、こどもたちを取り巻くヒト・モノ・コトの環境について実践、考察

実践・考察一覧