ニュース

こども環境デザイン研究所からのお知らせです。

2018.04.25

【実践報告】4月の報告について

新年度も各所ワークショップや講座、打ち合わせ、コトリエなど少しずつ楽しく忙しくなってきました。

 

その中から一つ、昨日は代表の矢生が昭和こども園にて造形活動と職員研修にお呼びいただきました。

 

一枚の絵からどれほどの世界が広がるか。
子どもたちの想像力にはいつも本当にワクワクさせてもらいます。

 

職員研修では、造形の実践を切り口に、子どもを取り巻く環境について整理し、

これから目指すところをお話しさせてもらいました。

 

子どもの育ちよりも保護者の要望
個々の育ちのプロセスよりも平均的な目先の結果

に囚われがちなムードがあるからこそ、あらためて、保育、教育とは何なのか。

 

そのために今、何をしていくのか。
意義と具体的な視点と行動について確認しあいました。

 

こどもたち、親たち、そして先生たちのいっそうのワクワクと安心につながれば嬉しいです。
ありがとうございました。

 

新年度も各所ワークショップや講座

ニュース一覧

「こどもたちが、自ら見つけ、考え、遊び、学ぶ余白のある環境」をテーマに、こどもたちを取り巻くヒト・モノ・コトの環境について実践、考察

実践・考察一覧